CanonのPowerShot G1X Mark Ⅲの3つの残念なところ

f:id:ibichaninter7:20171022021148j:plain

10月16日にCanon初となるAPS-Cセンサーを搭載したコンデジが発表されました。 

前モデルからほとんどの部分でパワーアップしていますが、少し残念なところがあるので3つ書きます。

 

 

1.コンデジなのに軽量コンパクトじゃない

f:id:ibichaninter7:20171022021152j:plain

Canon初となるAPS-Cコンデジという謳い文句ですが、全くコンパクトではありません。

他社を含めると現行のAPS-CコンデジRicoh GR Ⅱ、Fujifilm X100Fがあります。

そこで本機種と、前機種であるG1X Mark Ⅱ、他社のAPS-Cコンデジの大きさと重さを比較したいと思います。

 

G1X Mark Ⅲ

大きさ:幅115mm、高さ78mm、奥行き51mm

重さ:399g

 

G1X Mark Ⅱ

大きさ:幅116、高さ74mm、高さ66mm

重さ:553g

 

Ricoh GR Ⅱ

大きさ:幅117mm、高さ63mm、奥行き35mm

重さ:251g

 

Fujifilm X100F

大きさ:幅127mm、高さ75mm、奥行き52mm

重さ:469g 

 

G1X Mark Ⅱと比較すると、奥行き(厚み)が15mm小さくなり、150g軽くなっているのでコンパクト化に成功していると言えます。

 

Ricoh GR Ⅱと比較すると、高さ奥行きともにGR Ⅱより15mmずつ大きいです。

重さは150g重いです。GR Ⅱはズームができずスナップ志向ですが、それでもここまでコンパクトだとG1X Mark Ⅲをコンデジと呼ぶことに違和感があります。

 

Fujifilm X100Fと比較すると、幅が10mmほど小さいです。重さは150gほど軽いです。

X100Fはレンジファインダーにインスパイアされたハイブリッドビューファインダーを搭載しているため、コンパクトにするのは難しいのかもしれません。

 

僕のコンデジの一つの基準は「洋服のポケットに入るか」です。

Ricoh GRシリーズはちょうどポケットに入る程度にコンパクトなので、レンズの厚みがあるG1X Mark Ⅲでは入らないと思われます。

いつでも持ち歩けるカメラか?と言われると微妙ですね。

 

2.レンズ性能がイマイチ

f:id:ibichaninter7:20171022021136j:plain

レンズのスペックはこんな感じです。

前機種:24-120mm F2.0-F3.9(フルサイズ換算)

本機種:24-72mm F2.8-F5.6(フルサイズ換算) 

前機種は1.5インチセンサー、本機種はAPS-Cセンサーなので面積が1.4倍になっているとはいえ、ズーム倍率が5倍から3倍になり、F値が一段ずつ大きくなっているのは残念です。

特に望遠端が換算72mmになっているのは痛手で、あまり遠くを引き寄せて撮れません。

この1台で何でも撮るというのは難しいです。

また、APS-Cで換算72mm F5.6だとポートレートを撮っても綺麗なボケは望めません。

個人的にはズームじゃなくていいので、28mmから50mmの間のF1.8単焦点だと嬉しかったです。

 

3.シャッタースピードが最速1/2000秒

f:id:ibichaninter7:20171022021131j:plain

残念なところを3つ探そうとした結果、ネタ切れになりました笑

前機種の最速シャッタースピードが1/4000秒だったのに対して、1/2000と少しスペックダウンしています。

しかし、3段分の内蔵NDフィルターで光量を下げて、オーバー露出は防ぐことができます。

この仕様変更は大したことなさそうです。 

 

まとめ

CanonPowerShot G1X Mark Ⅲの少し残念に思ったところを3つピックアップしてみました。

3つと書きましたが、最後のシャッタースピードに関しては問題ないので実質2つと言っていいです。

逆に言えば、残念なところは2つだけなので、その他の仕様は文句なしということです。

 

価格はCanonオンラインストアで12万円なのでちょっと高い印象を持ちますが、APS-Cセンサーのカメラとレンズを一緒に買うようなもの、と考えれば妥当な価格です。

万人に勧められるカメラとは言い難いですが、「一眼レフを持っているけどサブのカメラがほしい!」など用途にマッチすれば良い機種だと思います!

 

詳細は下のリンクから!

cweb.canon.jp