レンズ設計者ってどんな仕事?

f:id:ibichaninter7:20171015223142j:plain
 僕たちの大好きなレンズを設計している人たちはどんな仕事をしているのか 、多方面からの取材を元に書きます!

 

 

①企画

f:id:ibichaninter7:20171015223510j:plainレンズ設計はまず、どんなレンズを作るのかを決めるところから始まります。

会社によって設計者が企画に参加する場合とそうでない場合があるようです。

まず、マーケティングがこういうレンズなら売れる、こういうレンズが求められているというのを提示し、設計者が専門的な意見を言う感じですね。

 

企画段階では、

焦点距離

F値

・最短撮影距離(最大撮影倍率)

・目標とする画質

・大きさ

・重さ

・コスト

・その他(手ブレ補正、AFのモーター、コーティング)

などを決定します。

 

②初期設計

f:id:ibichaninter7:20171015223502p:plain

企画から降りてきた仕様をもとに、パソコンのソフトを操って大体の設計をします。

この段階でどんなレンズになるか方向性が決まります。

実際にはベテラン設計者がやることが多いようですね。 

仕様をもとにA, B, C・・・など何通りか候補を作ります。

 

③詳細設計

f:id:ibichaninter7:20171015223131j:plain

初期設計を元にさらに設計を突き詰めていきます。

A, B, CがあったらさらにA1, A2, A3, B1・・・といった風にさらに発展させて、より良いレンズを模索していきます。

この段階でレンズの写りはほとんど決まります。

 

④すり合わせ

f:id:ibichaninter7:20171015224158j:plain

詳細設計でほぼレンズの写りは決まりましたが、ここからは泥臭い作業になっていきます。

というのも、レンズ設計はレンズ配置を決める人の他に、

・鏡筒設計

・要素設計(絞り羽根、AF機構、手ブレ補正機構)

・電子設計

・ソフトウェア設計

など多くの人が関わっているからです。

これだ!というレンズがコンピュータ上で作れても、 オートフォーカス用のモーターが搭載できなかったり、電子回路が組み込めなかったりしたら売り物になりませんよね。

他の部門の人たちと「ここはこうするから、そっちではこうしてほしい」などコミュニケーションを取り、形にしていきます。

このすり合わせは、設計したレンズを「実際に作れるもの」「実際に使えるもの」にしていく作業になります。

 

⑤試作・評価

f:id:ibichaninter7:20171015223139j:plain

すり合わせによって「どうやら作れそうだ」という段階になったらまず試作を行います。

不具合があるのに、いきなりたくさん作るのはリスクが高いとの判断からですね。

とりあえず形にしてみるという段階では3Dプリンターが活躍します。

次に、実際のレンズと同じように部品を調達し、設計通りに作れるか、使えるかを現物で判断します。
完成は間近です。 

 

⑥量産

f:id:ibichaninter7:20171015223145j:plain

試作で問題をクリアしたら、工場での量産に移ります。

しかし、まだ安心はできません。

なぜなら、試作では表れなかった問題が出てくることもあるからです。

量産になったら急に画質基準を満たさないレンズが増えたといった問題です。

会社によっては設計者自ら現地に赴き、工場でのトラブルに対処する場合もあります。
 

⑦完成

f:id:ibichaninter7:20171015224454j:plain

無事量産できるようになると設計者の仕事は終りとなります。

そして発売日になると店頭に並ぶようになります。

自分が関わったレンズはやっぱりお店に見に行きたくなるんだとか。

一番嬉しい瞬間ですね。

 

まとめ 

謎に包まれているレンズ設計者の仕事を駆け足で紹介してみました!

どんなことをしているか少しはわかっていただけたでしょうか?

設計者が一生懸命作ったレンズ、大事にしなくちゃいけませんね。

 

レンズ設計者を目指す人はこちらもチェック!

phobby.hatenablog.com