一眼初心者がEF50mm F1.8 STMをレビュー|作例8枚!

f:id:ibichaninter7:20171023002550j:plain

昔持っていたEF50mm F1.8 STMを懐かしみながら昔書いた記事をブラッシュアップしました!

 

 

Canon新撒き餌レンズ購入の経緯

フルサイズのEOS 5Dで一眼デビューした僕ですが、カメラを買ったらレンズを買わなければいけない。

EOS 5Dの中古を36,500円で買ったくらいの貧乏学生ですから、レンズにはお金をかけられない。かといって暗いキットレンズではコンデジとなんら変わらない画になってしまう(と思っていた。実際そんなことはない)
そこで辿り着いたのが最初の一本を単焦点レンズにするという選択。少し調べれば出てくるのが「撒き餌レンズ」という存在。

どうやらCanonNikonにそれぞれあるらしく、どちらも焦点距離50mmでF1.8というスペックということがわかった。
決め手はCanonの撒き餌レンズが今年春(2015年春)にリニューアルされたということ。フルタイムMF搭載、絞り羽根が5枚から7枚に変更、STMモーター搭載、この三拍子で一本目のレンズは迷うことなく決まりました。

新撒き餌レンズのスペック

th_IMG_0101

ではざっくりとスペックを見て行きます。 

焦点距離:50mm
開放絞り:F1.8
最小絞り:F22
絞り羽根枚数:7枚
最短撮影距離:35cm(最大撮影倍率0.21倍)
駆動系:ステッピングモーター
フィルター径:49mm
最大径×長さ:Φ69.2mm×39.3mm
質量:約160

焦点距離は標準とされる50mm。

このレンズしかしらなければそんなに撮りづらさは感じませんが、35-80mmズームを知ってしまった今、50mmの難しさを感じています。

「良い被写体だ。写真に収めたい」と思ってファインダーを除くと、ズームできないので妙に狭かったり、逆に広く感じたりします。

だから一、二歩進んだり、戻ったりしないと思った通りの写真が撮れないのです。

逆に言えば、撮影者の動きによって広角にも望遠にも使える万能な焦点距離です。

 

F値は明るい1.8です。もっとグレードの高いレンズだと1.2なんかもありますが、価格の桁が変わってしまいます。それでも、キットレンズに比べれば2段ほど明るいので、ボケを活かした写真や暗いシーンで大活躍します。


絞り羽根は前モデルの5枚から7枚に増えました。このおかげで絞った時のボケが五角形から七角形になりました。絞り過ぎなければほぼ円形ボケなので積極的に玉ボケを作れます。


最短撮影距離は10cmほど短くなり、近くで撮影できるようになりました。
モーターはステッピングモーターとなり、静かにAFできるようになりました。周りが静かな場所でギーコギーコいうレンズは恥ずかしくなりますよね。
質量はたったの160gです。気軽に持ち出せますね。

作例

フルサイズカメラEOS 5Dでの作例です。

自分好みにレタッチしちゃってるのでボケ味など写りの傾向を見てもらえればと思います。

 

f:id:ibichaninter7:20171023002546j:plain

F2.8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002550j:plain

F1.8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002554j:plain

F1.8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002559j:plain

F1.8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002603j:plain

F8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002611j:plain

F5.6

 

f:id:ibichaninter7:20171023002617j:plain

F1.8

 

f:id:ibichaninter7:20171023002541j:plain

F4

 

まとめ

簡単にまとめます!


良い点
・非常にコストパフォーマンスに優れている
・レンズが明るく、玉ボケも綺麗。寄ることもできるので画角と相まって表現の幅が非常に広い

悪い点
・開放では明るいが、収差や画質の低下が顕著なため、実質使えるのはF2.5あたりからである
・中途半端な画角のため、他のレンズが欲しくなってしまう。

 

フルサイズ対応レンズですが、EOS kissでももちろん使えます。

kissなどで使うときには写る範囲がせまくなる(少し望遠になる)ので被写体だけをクローズアップした写真が撮りやすいです。

ボケを活かしたインスタ映えする写真を撮りたいならオススメです!