Yongnuo 85mm F1.8は必要十分な格安ポートレートレンズ

3ea42a114345472996f7dc14d31b400d

今年春、Yongnuoから新しく2本の単焦点レンズが発売されました。
85mm F1.8はポートレートレンズとして人気が高い、明るい中望遠レンズです。

 

 

Yongnuo 85mm F1.8のスペック 

焦点距離:85mm(35mm換算)
開放絞り:F1.8
絞り羽根枚数:9枚
最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率0.13倍)
フィルター径:58mm
最大径×長さ:Φ81mm×79.5mm
質量:不明

とても見覚えのあるスペックですが、85mm F1.8というレンズはある意味完成されているので同じになると思います。
事実、CanonNikonを比べてもほとんど同じです。
20年以上前のEF 85mm F1.8 USMと比較すると、最大径と長さが大きくなっています。
口径を大きくして口径食を抑えているならフィルター径が大きくなるはずです。
口径食の線が消えたので、技術が追いついてないために、コンパクトにできなかったのではないかと思っています。

Yongnuoは怪しいメーカー?


次に非純正レンズを買ったときの懸念事項をいくつか書いてみます。

1.カメラが壊れる
2.レンズが動かない
3.焦点距離F値が記録されない
4.AFが効かない
5.AFが遅い
6.画質が悪い
7.カメラ本体でのレンズ補正ができない
8.かっこ悪い

85mmより前のモデルになるYongnuoの35mm F2を使った限りでは問題なかったので、1~4はクリアできています。


5のAF速度はやはり遅いと思われます。35mmでは恥ずかしいくらいに懐かしいモータ音がギギギと響き渡りました。AFの迷いは少なかったですが、85mmの開放ではピントがかなり薄いのでピント精度がダイレクトに効きそうです。
6の画質については後半でサンプルを見ながら考察しようと思います。
7と8は非純正レンズの宿命とも言えるものです。多少画質で劣っても安価で購入できるという恩恵を受けているわけですから目を瞑りましょう。

 

作例


最後にサンプル画像を見てみます。F1.8のものを2枚。

3ea42a114345472996f7dc14d31b400d


ボケはコントラストが低下するのでしょうか?淡くボケるのは好ましいですが、ざわついているようにも感じます。解像度の問題かわかりませんがピント部分のシャープさにはあまり期待出来なさそうです。

cc6fee32fa1f499d8ef8a71e2ede4c78


こういった安レンズでも多少寄れば画質はごまかせるものです。この作例でも寄ったことによってピントとボケのメリハリが感じられます。この距離感で使うなら安物を感じないかもしれません。

最後はF3.2のサンプル。

ce18b827ac1c4260ad9f25760ca745b8

これはおそらくピントが手前の砂利に合っていると思います。
少し離れると点々としたボケが汚く感じます。上の部分の枝の?ところが青緑になっているのが少し気になります。もしかすると色収差を完全に除去できなかったのかもしれません。

それとYouTubeのレビューも見つけました。Canon純正との比較があり、わかりやすいです。
やはり、シャープさに欠け、コントラスト(彩度)が低いようです。
しかし、後半の作例は言われなければ純正レンズで撮ったと言われてもわからないと思います。
お金があれば買ってみたい....




細部を気にする人にはう~んというレンズかもしれませんが、手軽にポートレートレンズを楽しみたいのならオススメです。
フルサイズ対応でなんといっても2万弱ですからね。
とりあえず買ってから考えるのもありかと笑
まずはCanon用からでNikon用はもう少し待つ必要がありそうです。